株式会社樅の木オフィス公式サイト

 

講演
 21世紀、ますます多様化し複雑化しつつある社会にあって、子どもを取り巻く環境も一段と厳しくなってきています。
増える少年犯罪、その低年齢化や薬物汚染。また学校崩壊、いじめ、不登校、怠学、自己中心などの現象は、大人社会の陰の部分の表れだと言えそうです。
こうした大きな課題にどう対処していけばよいのか。
一方、2002年の教育改革で、学校も大きく変わってきています。時代を担う、たくましい心豊かな子どもたちを育むために、学校、家庭、地域が果たすべき役割は多岐にわたっているのです。
また、家庭内での虐待、DV、暴力といったものも人の心、子どもの心を蝕んでゆきます。
アメリカのフランクリン・ルーズベルト夫人、エレノアさんの『普遍的人権とは、どこから始まるのでしょう。実は家の周囲などの小さな場所からです。自由や平等、尊厳がそこで無意味なら、どこに行っても無意味です。』という言葉がいま、鮮度をもって感じられます。なぜなら現代に生きる私たちはそのことに決して無縁ではいられないからです。
身近なところに安全と安心があり、暖かい絆を結べた時、人は本当の強さで人生に立ち向かって行けると確信します。
講演テーマ
演題
笑顔はいつも花になる
母の手、愛の手、やさしい手
人がいて、ぬくもりがあって…
子供達のサインを見逃さないで…
〜迷って道を見失った子たちの心〜
社会のリスクと子ども達の環境
リスク管理は身近なところから
ふれて心に、笑顔と愛で
〜ボランティア活動を通して〜
子どもの心にふれて
〜ボランティア活動を通して〜
伸びゆく芽に、愛と希望を
〜子どもとのふれあいの中で〜
人・愛・希望
〜子どもたちの心にふれて〜
笑顔は花に、愛が勇気を
〜伸びゆく子どもたちに〜
子供たちからのメッセージ
司法福祉の一隅で少年犯罪をさぐる
Why&Try 見えない心を見つめて
子どもの心と犯罪
心の闇を見つめて
大人と子どもの間で(狭間で)
子どもを愛することって?
迷い道の入口で
心の希いをみつめて
明日は青空が・・・
子供たちからのメッセージ
心の扉を開けて
一人一人の輝きを見失わないで
篤志面接委員の体験から
司法福祉と私
心の扉を開く
健康長寿は呼吸から
呼吸−歌−心の健康
ウォーキング・歌・心の健康
健康トーク&トーク
人権コンサート トーク&コンサート
(with佐野博美バンド)
男女共同参画トーク&トーク
−(トーク講演会コンサートにて特別ゲストとの2ドアも)

これまでの講演会の主催・趣旨
全国都道府県・市町村各地教育委員会(平成2年〜14年/860回)
生涯学習講演会
人権啓発セミナー、講演会
青少年育成講演会
教育講演会
各 県・市・町・村民大学など講座
公民館
社会福祉
警察官研修
教員研修
企業安全研修
リスク管理講座
社員向け研修
顧客セミナー
学校・企業設立(創立)記念講演
国際ロータリークラブ
国際ソロプチミスト
ライオンズクラブ国際協会
商工会
青年会議所
ボランティア講演会
PTA講演会
防犯講演会
男女共同参画講演会
健康講演会
−(それぞれのテーマのシンポジウム、コンサート)

新聞記事
*画像をクリックすると拡大表示されます

読売新聞/03年11月30日

読売新聞/01年12月3日

日本経済新聞/99年4月20日

読売新聞/02年4月13日

読売新聞/01年1月24日

読売新聞/95年1月24日

日本経済新聞/01年2月6日

▲このページのトップへ
講演会・コンサート・シンポジウム・トークショー・
その他のお問い合わせ、ご依頼、ご相談、資料請求等、承ります。

樅の木オフィス

info@chibahiroko.com

このホームページに掲載されている記事・写真の無断転載はご遠慮ください。 Copy Right(C)2002 Office Mominoki Co.,Ltd All Right Reserved