株式会社樅の木オフィス公式サイト

 

速報
千葉紘子 瀬戸山賞受章

常陸宮同妃殿下御臨席の下で受章平成14年9月10日
瀬戸山賞

法務大臣、文部大臣、建設大臣等の要職を歴任された故瀬戸山三男先生は、我が国の更生保護事業に深い理解を示され、日本更生保護協会理事長、全国保護司連盟会長及び全国更生保護法人連盟理事長に就任されてからは、永年にわたり、正に「仏の慈悲の権化」として、御自身で菩薩の道を実践し、事業の発展に大きく貢献されました。
「瀬戸山賞」は、更生保護制度施行50周年に当たり、先生の御遺徳を偲び、御功労を記念し、それを未来に引き継ぎたい・・・そんな関係者の熱い思いが一つになって、日本更生保護協会に創設されたものです。
受賞者代表として席を立つ千葉毎年、次の個人・団体が顕彰されます。
(1) 更生保護に関する学術的研究、広報宣伝において特に優れた功績のあった個人又は団体
(2) 他の範となるべき顕著な功績のあった保護司組織及び保護司並びに更生保護法人及び同役職員
平成14年度は個人2、団体6が受章いたしました。

受章選考理由:
同氏は、永年にわたり更生保護行政に対し積極的に協力してきたものであるが、 かねてから“社会を明るくする運動”に率先して取り組み、これまで各種の広報活動に対し協力を続けてきた。 また、更生保護制度施行50周年記念事業の一環である、チャリティーコンサートに出演するほか、 断続的に各種講演会、トークショー、シンポジウムにおいて更生保護事業を応援するメッセージを伝えるなど、 広く国民に更生保護の理念を広めていることに尽力した功績は極めて顕著である。


<< 「福祉」へ戻る

樅の木オフィス

info@chibahiroko.com

このホームページに掲載されている記事・写真の無断転載はご遠慮ください。 Copy Right(C)2002 Office Mominoki Co.,Ltd All Right Reserved